礼拝

礼拝

朝の礼拝

毎朝10分間、放送による礼拝をもって一日がスタートします。前奏曲が流れるとともに心を静めた後、立って大きな声で聖歌を歌います。聖書を読んだ後、教員やクラスメートによる、その週のテーマに沿ったお話に耳を傾け、ともに祈りをささげます。静かに自己を見つめ、神の恵みに感謝するひと時です。

週に1回は、高校は学年ごと、中学は全校でチャペル礼拝を行います。礼拝係が司会、聖書朗読、ろうそく点火、鐘つきなどの奉仕を行い、チャプレンのお話を聞きます。パイプオルガンによる聖歌伴奏はオーディションを受けた高校2年生が担っています。

年間行事としての礼拝

4月 入学礼拝 これからの学校生活を神さまの祝福とお守りのうちに過ごすことができるようお祈りします。
イースター賛美礼拝 イエス・キリストの語復活をお祝いするキリスト教最大の行事です。
6月 花の日礼拝 お花を持ち寄って礼拝し、自然の恵みを神さまに感謝します。神様におささげしたお花は、校内で日ごろお世話になっている方々へ感謝の気持ちを込めてお届けします。
8月 広島平和礼拝 希望者のみ、広島原爆の日に行われる日本聖公会主催の平和礼拝に参加します。世界中から集まった人々とともに心を一つにし、キリストの平和を学び、行動し、祈ります。
11月 逝去者記念礼拝 この一年間に逝去された生徒、教職員とそのご家族を覚えて祈りをささげます。
収穫感謝礼拝 米、野菜、果物を持ち寄り、神さまからの恵みを感謝すると同時に、恵みを受けているわたしたち自身を他者のために用いることができますようにと祈ります。集まった食べ物は、京都のホームレス支援団体に寄付し、そこで行われる炊き出しを手伝います。
12月 クリスマス礼拝(中学のみ) イエス・キリストのご降誕をお祝いする礼拝です。聖書のクリスマス物語を読み、チャプレンのお話を聞き、キャンドルをもって数々のクリスマスキャロルを歌います。
クリスマス・カンタータ 平安女学院が誇る最大の伝統行事です。
高校3年生が主となり、聖書のみ言葉と音楽によってイエス・キリストの誕生をお祝いします。昨年度は82回目となり、700人を超える来場者を迎えました。
3月 卒業礼拝(高校のみ) これまでの学校生活を感謝し、卒業後の人生も神さまの祝福とお守りのうちに過ごすことができるようお祈りします。
ページ上部へ戻る