「警報」発令にともなう学校としての措置

「京都市」に「特別警報」または「暴風」「暴風雪」に関する
「警報」が発令された場合は、学校として次のような措置をとります。

(1)「特別警報」「警報」が発令中の場合には、生徒は自宅にて待機する。

(2)警報の解除の時間と始業時間について

6:00までに警報が解除された場合には、平常授業を行う。
10:00までに警報が解除された場合には、13:00出欠点検、5限から授業とする。
10:00までに警報が解除されなかった場合には休校とする。
10:00までに警報が解除されなかった場合には休校とする。
 なお、電話による各家庭への連絡は行わない。

(3)授業が平常通り実施されている中で、「特別警報」「警報」が発令された場合には、生徒の安全を確保するため、気象その他の状況を見ながら学校が適宜判断する。

(4)「京都市」に警報が発令されていない時に、隣接府県に「特別警報」または「暴風」「暴風雪」に関する「警報」が発令された場合には、該当の府県に居住している生徒で、登下校の際に危険があり、欠席する場合には、その旨、保護者から学校に連絡する。後日、正式な届けを出した生徒については、その生徒の出欠は公欠の扱いに準ずる。

ページ上部へ戻る