生徒の声

私たちの学校は、毎朝の礼拝から一日が始まります。私は、心が落ち着き、今日も頑張ろうという気持ちになれるこの時間が好きです。またクラスでは、この4月に入学してから出会った友だちですが、もうみんなすごく仲が良く、誰かが困っている時、なにかあった時には声をかけあって助け合っているとても温かいクラスです。体育祭もあったので、クラスの絆はより深くなったと思います。体育祭は4つの団に分かれ、中学高校合同でします。団ごとに集団演技があるのですが、これは約1ヶ月前から練習を始めます。ここでもクラスでは、お互いに分からないところを教えあったりして、とてもよい雰囲気でした。学校生活は始まって2ヶ月しかたっていませんが、今のクラスはとても温かくていいです。みんなが優しくて温かいのがこの学校のよさだと思います。

1年 上野 琴音
私にはかなえたい夢があります。それは、英語を生かした仕事につくことです。グローバル・ステップコースは、自分の夢をかなえるために、コースの選択ができます。だから、私にぴったりだと思いました。学校では、英語の強化学習もあります。私は特に、毎週ネイティブの先生と話す授業が好きです。理由は、外国の人と話すことはすごく貴重な体験になり、楽しみながら学ぶことができるからです。学校生活では、悩み事があれば先生や友だちに相談でき、授業では、丁寧にわかりやすく教えてくださるので、毎日、楽しく過ごしています。私は、自分が将来どんな大人になるかがとても楽しみです。

1年 大島 華凜
私がこの平安女学院の中で一番好きな場所、それは芝生です。他の学校にはあまりないと思います。この芝生は人工芝なので、とっても気持ちがいいです。お昼には、その上でお弁当を食べることもできます。ピクニックをしているような気分です。快晴の時に寝転がってみると、寝てしまいそうになります。また、学校の中ではありませんが、すぐ隣に御所があります。私は中学1年生の時、担任の先生とクラスメイトで桜を見に行きました。御所では、ふだん話したことがあまりなかった人ともしゃべることができて、印象に残っている思い出の1つです。このように学校に通っていると、自然に触れることが多くあります。春には桜、夏には青葉、秋には紅葉、冬には雪で真っ白になった芝生。四季折々の風景を見たり、体感したりできます。素敵だと思いませんか?

2年 乾 萌恵
毎日、朝の挨拶から始まる私の学校生活。校舎に入ると歴史の残る広々とした校内には落ち着きがあり、少人数でアットホームなところが、平安女学院ならではの特徴です。授業で分からないところや質問がある場合、先生方に頼ればいつも優しく、わかりやすい説明で対応してくださいます。私は現在、コーラス部に所属していますが、中学・高校合同で先輩・後輩の距離が近い、やりがいのあるとても楽しいクラブです。毎年行われる体育祭や文化祭、合唱コンクールなどは、クラスメイトとの絆もより深まり、思い出に残る行事です。体育祭では、中学1年生から高校3年生まで一致団結し、集団演技や大玉送りに取り組みます。このようなさまざまな取り組みで、私の学校生活は充実したものとなっています。

2年 矢野 楓花
立命館コースでは、中学1年生のときから立命館大学を見に行き、ゆっくりと時間をかけて「なりたい自分」に近づけます。自分の苦手な教科などは、昼休みや放課後に、先生方が優しく教えてくださいます。私には好きな先生がいるので、学ぶことがとても楽しくなってきて、勉強にも集中できるようになりました。分かるまで教えてくださる先生がいるのは心強く、魅力の1つです。どの教科も工夫があって、貴重な体験ができます。6月に行われる体育祭は、クラスや学年を問わず、仲良くなれる行事です。中高6学年合わせて4つの団があり、集団演技を始め、クラス対抗リレーや大玉転がしなどを中心とした種目は大いに盛り上がり、楽しいです。私の学校生活はこのように充実しています。ここに入学してくるみなさんの学校生活も、きっと幸せなものになると思います。

2年 石野 莉沙
ページ上部へ戻る