奨学金制度

国の高等学校等就学支援金

保護者の市町村民税所得割額の合計が30万4,200円未満の世帯については就学支援金制度を受けることができます。
これは学校設置者が代理受領し授業料に充当するものです。
また、保護者の所得に応じ支援金額は4区分となります。

市町村民税所得割額(保護者の合計) 支援金額(年額)
30万4,200円未満 11万8,800円
15万4,500円未満 17万8,200円
5万1,300円未満 23万7,600円
0円(非課税) 29万7,000円

文部科学省HP参照

※申請時期
新入生:4月、6月 
在校生:6月

私立高等学校生徒授業料軽減補助金

京都府、奈良県、兵庫県在住者には、私立高等学校生徒授業料軽減補助金の交付があります。(所得制限あり)
補助金は授業料に充当します。
※申請時期:8~9月 府県により異なる。


入学金免除制度(2017年度)

 
同窓生子女入学金免除制度
曾祖母、祖母、母、姉妹(18歳以上)のいずれかが、平安女学院中学校・高等学校・短期大学(部)・大学の卒業生である場合に、申請により入学金を免除します。

姉妹通学入学金免除制度
平安女学院中学校・高等学校においてその入学年度に姉妹のいずれかが本校(中学校または高等学校)に在籍する場合、申請により入学金及び施設費を免除します。

エディの奨学生
対象となるコース 資格
エディの特別奨学生
(エクスパート特進コース)
中学校成績優秀者に入学金・授業料・教育充実費の全額を給付。
全受験生のうち入学試験で成績優秀者と認められたものに、入学金・授業料・教育充実費の全額または半額を給付。
【全額】12万円+(58万円+17.5万円)×3= 238.5万円
【半額】 6万円+(29万円+8.75万円)×3=119.25万円
指定部活動
(器械体操・新体操)
入学金・授業料・教育充実費を半額を給付します。
【半額】6万円+(29万円+8.75万円)×3=119.25万円
平安女学院大学
高大一貫教育奨学金
(アグネス・グローバル総合進学コース/幼児教育進学コース)
≪チラシを見る≫
併設大学への内部進学を希望(希望者全員が、内部進学しています)。
平安女学院大学/国際観光学部・子ども教育学部・短期大学部保育科

中学校成績優秀者に授業料・教育充実費の全額または半額を給付
【全額】(58万円+17.5万円)×3= 226.5万円
【半額】(29万円+8.75万円)×3=113.25万円


大学に進学の際は…

入学金免除
 併設大学への内部進学者は入学金全額免除
 大学:25万円
 短大:10万円

高大連携奨学金
 併設大学の1年次春学期の授業料+教育充実費を給付
 春学期 最大60%給付または30%給付
 ※高校の成績を基準とします。

※奨学生には基準があります。

平安女学院奨学金

経済的理由により学費の納入が困難な場合に平安女学院奨学金を申請することができます。平安女学院奨学金は以下のとおり給付と貸与の2種類があります。奨学金は学費に充当されます。

①給付奨学金(京都府あんしん修学支援減免事業含む)
これは国の高等学校等就学支援金、京都府あんしん修学支援制度とあわせ、学費全額無償化とするものです。
対象者:京都府在住者(世帯全部)のみ。所得制限があります。
申請時期:6月

②貸与奨学金(卒業後返還が必要)
学院が独自で行っているものです。家庭の経済的状況により年間の学費相当額を上限に貸与。
本人及び保護者の在住府県は問いません。
※申請時期:7月

各自治体の制度(貸与)

<学校を通じて申込>
①京都府高等学校等修学資金 
②大阪府育英会奨学金
 
※①、②とも中学3年在学中に予約申請制度が有ります。 高校入学以降は毎年、春に募集があります。

上記以外の自治体の制度については、各自が在住する自治体へ申し込むことが必要です。すべて、所得制限があります。

ページ上部へ戻る