生徒の声

生徒の声
生徒の声

女子校は、女子だから男子だからと思わずに自分らしくしていられる場所です。平安女学院では、毎日聖歌を歌ったり、チャペルで礼拝があり、心を落ち着けることができます。しかし、体育祭、文化祭ではみんなが協力し合い、とても盛り上がれるところも女子校の良いところです。

2年生 九保瀨さん

生徒の声

私が女子校で良かったと思うのは、異性の目を気にせず過ごすことができるところです。男子がやることにも挑戦することができます。異性の目を気にしがちな体育祭などの学校行事も自分らしさを出して取り組むことができます。個性を理解しあい深い絆を結ぶ事は女子校でしか経験できない大切なことだと思います。

2年生 楠木さん

生徒の声

家庭科や保健の授業で、女性が生きていく上で役に立つ知識を中心に学ぶことができ、高校に入学した頃より大変成長しました。平安女学院ではこのようなことを学ぶ機会が数多く設けられています。また、行事の準備などを男女の区別なく全て自分たちで行わないといけないので、積極的に活動する力が身に付きました。社会に出てもこのような力が発揮できるよう頑張りたいと思います。

3年生 岩永さん

生徒の声

女子校では異性の目を気にすることなく、ありのままの自分でいることができます。体育祭や文化祭では、自分たちが中心となって取り組んだ演劇や集団演技などにより、女子同士だからこそ強い絆が生まれます。どんな時でも温かく、優しく見守ってくれる仲間に囲まれ毎日楽しい学生生活を送ることができています。

2年生 松重さん

ページ上部へ戻る