学校生活の規律

はじめに

人は一人では生きることはできません。
人々と関わりながら生活するためには、一定の約束事を互いに守りあって生きる必要があります。
この約束事を守って自立的な人間に成長することを願っています。

生活心得

相手の立場を思いやり、正しい人間関係を築いていくことを求めます。
社会の一員としての役割と責任を自覚し、他者に迷惑をかける行為は認められません。
他者の尊厳をおかす人権侵害や法理に違反することは許されません。

学校生活

笑顔で「おはよう」「さようなら」などのあいさつできる。
失敗したり、迷惑をかけたとき、素直に「ごめんなさい」が言える。
誰かに手伝ってもらったり、心配してもらったとき、心から「ありがとう」が言える。
自分のことだけ考えないで、他の人に譲る心を育む。
周りのことに気付き、心を配る優しい心を育む。
物事の善悪をきちんと見極める力を育む。

ページ上部へ戻る