ブログ

【中学】中学2 年「総合授業」でのユネスコ学習

平安女学院中学校高等学校はユネスコスクールとして「SED教育」を推進しています。

2016年1学期の中学2年「ユネスコ授業」
「子どもの人権条約」や「世界の子どもと教育問題」を学習した後、「ESD」について学び、「世界寺子屋運動」としてユネスコに応募するリーフレット作りをしました。
6月14日(火)には、「beleaf」(立命館大学のサークルで、フェアトレードを訴えて活動している)による授業で「教育問題」への理解を一層深めました。

6月20日(月)には、寺子屋運動について理解を求めるリーフレットの学内プレゼンテーションを行い、投票によって学校から2点を選びました。
来年2月には、一般参加による「ネット投票」があります。ユネスコ協会連盟HPをご覧下さい。

3学期には「書き損じ葉書回収運動」に取り組んで、ユネスコに寄付をします。

ページ上部へ戻る