ブログ

【中学】「花の日」活動

毎年6月には「花の日」を覚え、神さまに自然の恵みを感謝して、神さまの愛を周りの人と分かち合うことの大切さを学びます。今年度は、6月17日(金)に聖書の時間を使って、中学2年生が「花の日」活動を行いました。
2組に分かれて、「堀川こぶしの里」と「花の西陣」2ヵ所のデイサービスセンターを訪ね、利用者の方々と交流の時間を持ちました。日ごろ歌っている聖歌を一曲聴いていただいた後、利用者のみなさんと一緒に『花は咲く』を合唱しました。

その後、生徒たちが自分で作った折り紙の百合の花と、メッセージを書いたカードをそれぞれみなさんに手渡し、会話に花を咲かせました。最初は恥ずかしがっていた生徒もおじいさん、おばあさんたちから戦争の話や昔の学生時代の話を聞いているうちに、積極的に質問したり、自分たちの学校生活を語ったりするようになり、素敵なひと時を過ごしました。

感想文(PDF:60KB)

ページ上部へ戻る