ブログ

【中・高】チャペル朝礼

今年度から、チャペル朝礼を学年毎に週1回ずつ実施しています。
今週は「キリスト教週間」として、朝のチャペル礼拝に日本聖公会京都教区の牧師を迎えし、チャプレンに代わってメッセージを頂いています。
5月25日は京都聖マリア教会より藤原健久先生においでいただき、日頃接しておられる子ども達に人気の歌を織り交ぜながら、高校1年生にお話をしていただきました。

〔キリスト教週間〕
5月27日の中学生のチャペル礼拝には、京都聖ステパノ教会の牧師で学院の理事もしておられる黒田裕先生をお迎えしました。ほんとうのしあわせとは目に見えないものなんだよという聖書の教えをわかりやすくお話くださいました。

5月28日、高校2年生の礼拝に来てくださったのは、桃山キリスト教会の牧師、桃山幼稚園のチャプレンをしておられる古本靖久先生です。「目には見えない大切なもの」というテーマで、ご自身がどのように神さまに出会ったかをお話くださり、「どのようなときにも神さまはともにいてくださる、そのことを信じよう」と熱く語られました。

ページ上部へ戻る