国際理解教育

広い視野を手に入れ、時代の変化や技術革新が目まぐるしい世の中をしなやかに、力強く生きていく。自分の暮らす地域社会の豊かさを願い、積極的に貢献しようとする。そんな人材の育成を私たちは目指しています。異文化への興味や理解がなければ、国際的な感覚は養われません。
本校では、ユネスコスクールとしての活動を実践しながら、海外修学旅行や姉妹校交流を積極的に進めています。

海外修学旅行

中学3年次の海外修学旅行は、台湾にて3泊4日のスケジュールで行われます。現地校との交流を含め、アジア地域を直接見て学ぶことは、その国の歴史や経済発展、そして異文化を理解するのに大いに役立ちます。

姉妹校交流

オーストラリアに2つの姉妹校があり、両校と1年毎に訪問と受け入れを実施しています。メルボルンにあるアイバンホー・ガールズ・グラマースクールとの交流は昨年20周年を迎えました。また、ブリスベン校外に位置する聖ウルスラカレッジとは2013年から交流が始まりました。現地の生徒と同じ授業や行事に加え、様々なアクティビティーにも参加し、オーストラリアの豊かな自然や文化に触れる素晴らしい機会となっています。

ユネスコスクール

本校は2012年にユネスコスクールに認定されました。世界の貧困問題や、女性への教育、地域社会への参加をテーマにした開発型教育を総合学習で実践しています。ユネスコ憲章の掲げる目標は多岐に渡り、その基礎に置かれる「人権や民主主義」「異文化」「地球環境保全」への関心を深めていきます。
また、全学年で朝に取り組むアクティビティーとして、世界遺産の内容を学び、英語のキーワードを聞き取る訓練も重ねています。

ページ上部へ戻る